台湾紹介ブログ

いろんなところへお出かけし、現地の最新情報や耳寄り情報をみなさまにお届けしま~す。

日月潭でサイクリング!

更新日:2015.03.29

ニーハオ!旅行大好き小籠包キューピー、「パオ」だよぉ!

 

台湾は春をむかえ、少しずつ暖かくなってきたよ。

今日は日月潭へ行ってサイクリングしてきたから、紹介するね~!!

 

日月潭は台湾の中部(南投県)にあって、台北からは新幹線とバスで行くか、

バスで直接行く事も出来るよ!

 

パオはまずは新幹線で台北から台中駅へ。そこからバスで日月潭まで約1時間。

車窓から見える景色は、台北とは全然違って、自然がいっぱい。

ビンロウの木やマンゴーの木、日本ではなかなか見ることが出来ない景色をみながら、

日月潭へ。

 

日月潭と言えば国際サイクリングレースが毎年行われているんだよ!

パオも自転車を借りて、サイクリングを楽しんだんだ。

 

JJ30-1.jpg

自転車の種類は沢山!電動もあるので、自分にあった物を選ぶといいね。

 

JJ30-2.jpg

自転車屋さんがルートを教えてくれるよ。

 

日月潭は日本の諏訪湖と大体同じ大きさ!自転車で1周すると4時間~5時間もかかるんらしい・・・

 

水の色はエメラルドグリーンで透明度も高く、魚も肉眼で見えるほど綺麗~。

だけど、日月潭周辺はここ半年以上雨が降っていなくて、干ばつが深刻な問題になっているんだって。雨降るといいなぁ。


JJ30-3.jpg
水が減っている日月潭

 

プチ知識を得たところで、早速、サイクリング開始~

 

走り始めて、5分もしないうちに息切れが・・・

運動不足のパオには厳しいサイクリング、、、電動自転車を借りるべきだった~。

 

早速、休憩場所を発見!


JJ30-4.jpg
ハート型~。仲良しカップルが写真を撮ってたよ~

 

休憩場所も定期的に用意されているから、休憩しながら、自分のペースでサイクリングを楽しめるよ~。
休憩場所では、湖をバックに結婚式の写真を撮ったりする人もいるんだって~。


休憩ばかりもしていられないので、サイクリングを再開すると、湖の真ん中に島を発見!ラルー島って言うんだって。

ラルーとは、原住民サオ族の言葉で「神聖」という意味。

ラルー島には、サオ族の人が年に一度サオ族のお正月の時期(毎年8月中旬の満月の時)訪れ、お参りをするんだって。
観光客は行く事が出来ないそうなんだ。


JJ30-5.jpg
ラルー島。どんな島なんだろうな~

 

国際レースを年に一度開催していることもあって、サイクリングロードは沢山の人がサイクリングを楽しんでいて、色々な国がいたよ。
日月潭と印刻された石の前では、みんなが写真を撮りあいっこして、国際交流なんかもしちゃったよ。

ドキドキ。

実はこの石、どんどん増えて、今は18個も設置されているんだって~。


JJ30-6.jpg
日月潭と印刻された石。記念に写真を撮る人が沢山いるよ~

 

JJ30-7.jpg

整備されたサイクリングロード。初心者でも楽しめるんだ~。

 

サイクリングで疲れたので、喉をうるおしたーい!

日月潭と言えば「紅茶」という事で、紅茶を飲んでみたよ~。


JJ30-8.jpg
1杯30元~ 運動の後の紅茶はおいしい~


JJ30-9.jpg
午後の紅茶に近い味。甘すぎず、飲みやすいよぉ~。

 

休憩していると、なかなか降らないと言われていた雨が!!

現地の人には「恵みの雨」。みんな喜んでる~。

半年振りの雨がまさか今日降るなんて・・・。

干ばつも深刻の問題となっているから、喜ぶべきだけど残念。泣。

 

雨が強くなってきたので、サイクリングを終了。

約1時間のサイクリングでこれだけ楽しめるんだから、1周したら、もっと沢山の人や景色、植物、食べ物に触れ合えただろうな~。

 

また、必ずサイクリングをしに日月潭へ遊びにくるぞ~。

 


台湾の国内旅行イについては、是非、JTB台湾のラウンジへご相談下さい。

JTB台湾ラウンジのご案内

 

 
日本JTB旅行社的台灣分公司世帝喜旅行社