台湾紹介ブログ

いろんなところへお出かけし、現地の最新情報や耳寄り情報をみなさまにお届けしま~す。

門外不出の翡翠白菜、食べたら旨かったの巻

更新日:2015.09.04

大家好!(皆さんこんにちは)

夏休みのパオちゃんに代わって、今日はJTB台湾ツイッターの「中の人」が
マイバスデスクで人気急上昇の商品「華膳多寶格チョコレート」をご紹介します。

JJ40-11.jpg
 

台北へ行くなら、一度は訪れたい「台北故宮博物院」。

昨年は東京博物館と九州博物館で「台北國立故宮博物院展」が開催され、
門外不出とされていた「翡翠白菜」が日本上陸したことも大きな話題になりました。

 

展示会が決まって緊張が走ったのは日本各地のJTB、台湾方面担当者。

 

「<翡翠白菜>の日本への貸し出し期間は?」

「代案はあるんですか?」

「何月何日に台北へ戻ってくるの?」

 

この期間に日本から台湾へ旅行、故宮参観を予定してるお客様に
故宮の目玉ともいえる翡翠白菜が
「入れ違いで日本へ行ってまぁす。

残念ですけど、今回はご覧いただけませぇん☆」
と、どうしてご案内ができましょう。

 

我々は想定される問合せ内容をとりまとめ、白菜の動向、代案、凱旋帰国日を
故宮のご担当者に根掘り葉掘り、質問したものでした。

当時の故宮展示物Q&AをまとめたJTB台湾マイバスFacebookはこちら
 

そんな台北故宮博物院の「顔」ともいえる「翡翠白菜」をはじめ、
やはり日本で展示された豚肉の角煮そっくりな「肉形石」、「嬰児枕」、「象牙彫獅形紙鎮」、「宗周鐘」、「錯金銀双洋尊」
6つの国宝文化財を中華航空がチョコレートにして、機内販売を始めました。

 

JJ40-2.jpg
 

これがチョコレートだなんて、にわかには信じられません。

 

ケータリング会社のマネージャーが持ってきてくれた「華膳多寶格チョコレート」。

JTB台湾の社長、総経理、担当者二名の合計4人で取り囲み、「美しい…」じっと見つめることしばし。

あまりの精巧さに手を伸ばすのがためらわれて
「お先にどうぞ」「いいえどうぞお先に」「どうぞどうぞ」と譲り合うことダチョウ倶楽部の如く。

「白菜」をひとりで丸ごと食べるのも気が引けるので箱に入っているミニカッターで切り分けながら、
(見た目は綺麗だけど、味はどうかなぁ。
いわゆるお土産チョコレートってほら…ねぇ?)

それほど期待もしていなかったのですが、食べてびっくり「あらこれ美味し」。

 

中華航空ケータリングサービスのシェフがベルギーから輸入したチョコレートにこだわり、
研究と試作を重ねて完成した、宝石箱のような一品。

この度JTB台湾マイバスデスクに登場しました。


JJ40-3.jpg
 

パッケージ同様、綺麗なショッピングバッグ

 

中華航空の機内販売品、一日の製造数に限りがあるので免税店や土産店での扱いはありませんが、台湾へのご旅行に中華航空を利用しない方もお求めいただくチャンスです!

 

大切な方への贈り物、台北故宮参観の思い出に、門外不出の宝石箱、いかがですか?

JJ40-4.jpg
 

中華航空×台北故宮博物院 「華膳多寶格チョコレート」

定価880元 マイバスデスク特別価格820元
 

※台湾のマイバスデスクでのお渡しとなります。

※日本発送不可です。

※在庫に限りがございます。オンライン決済後、マイバスデスク受取をお勧めします。

 

詳細はマイバスお土産サイトをご覧ください。

JJ40-5.jpg
 

 
日本JTB旅行社的台灣分公司世帝喜旅行社