旅行紹介ブログ

いろんなところへお出かけし、現地の最新情報や耳寄り情報をみなさまにお届けしま~す。

金門島に行ってきたよぉ

更新日:2015.11.16

パオ、金門島に行ってきたよ
金門島は地図で見ると中国大陸にくっついてる島なんだよ。

でも台湾なんだよ〜〜

 

なんでなんだろうね。

これは歴史が関係してるんだよ。

中華民国国民党と中華人民共和国共産党の対戦の境界線ともいえるんだ。

ここで国民党が金門を領地にできたから、今の台湾は中華民国であり続けているんだよ。

 

一番大陸に近いところだと、向こう岸に中国大陸のアモイが見えるんだ。

jj45-A.jpg

 

九龍江口や廈門湾口を望む大金門島、小金門島および大胆島や二胆島など12個の島から構成されてるんだよ。

jj45-獅山1.jpg

jj45-獅山3.jpg

jj45-獅山5.jpg

 

獅山という場所には発砲台が今もあって、観光客向けに1時間に1回発砲訓練があるんだよ。
バーンって本物みたいな発砲音に、パオはびっくりしたよ。

 

金門島は、車やバスで回るとすごく小さな島だけど、台湾にはない文化がたくさんあるんだ。
その一つに、金門は台湾のような日本統治時代ではなくて、数年間だけ日本に統治されていただけだから、日本ぽい文化ではなくて清の時代っぽい寺や文化がたくさんあるんだ。

jj45-L.jpg

 

また、ここでは風獅爺という風から守る神様が特産品。沖縄のシーサーに似てるよね。


jj45-D.jpg


中国大陸から飛んできたミサイルを利用した包丁作りも有名だよ。
これで商売しちゃうんだから、金門人は頭いいな~~。


jj45-F.jpg


ミサイルにちなんだお菓子のおみやげまであるよ!

ミサイルにちなんだおみやげ

防空トンネルとして一番有名な翟山防空トンネルは、小舟で近くまで物資補給されていたみたい。
台湾と違ってこのような防空トンネルが今でもこうして残っているのは、戦争当時が思われてパオ、恐いけどちょっとわくわくしちゃったよ。


jj45-翟山1.jpg

jj45-翟山3.jpg

 

金門から船で15分ほどの小金門に行くと、高粱酒が作られる高粱畑がたくさん。
この船、金門人はなんとたったの2元で乗れてしまうというからびっくりだよね。
金門政府はお金持ち。金門人の生活にとっても優しいんだって。
今年1月からは100元で半日観光がスタート。観光ガイドは中国語だけど、探検好きのパオにはぴったり。


jj45-BC.jpg  


地雷展示館では見たこともない地雷がたくさん並んでいて、地下の防空トンネルでは本物そっくりの発砲音がドッカーンドッカーンって。。。。パオ、ビビっちゃったよね。


jj45-GH.jpg

jj45-IJ.jpg


小金門に来たら絶対食べたいのがタロイモかきごおり。台湾にもあるから大したことないだろうなんてパオ思ってたんだけど、これがむちゃくちゃ美味しい!!ぜひ食べてみて下さい!


jj45-E.jpg


とにかく金門は、国民党色が濃い島なんだけど、そこに住む人々は穏やかで、古くから金門に住む集落を形成している。
台湾にはもう見られない、かといって中国にも少ないだろうな。
とても貴重な島だと思います。行けば行くほど面白い金門島は、毎日松山空港から飛行機で約1時間。
フライト情報は各航空会社のHPでチェックしてみてね。ご旅行のお問い合わせはJTB台湾まで~~。

JTB台湾 ラウンジのご案内

 

 

 
日本JTB旅行社的台灣分公司世帝喜旅行社